中古の医学書を売るときに抑えておくべきポイント1!

中古の医学書を売る際、人気があるかどうかが重要となります。人気がある医学書とは、学生や大学教授から評判の良い書籍です。中身が厚く役に立つ書籍として認知されています。どんなに状態が良くても人気がなければ買収価格が低くなります。改定を重ねている書籍は年数が経っても人気が衰えないこともあります。改訂版が出てしまうと、改定前の書籍の価格は大幅に下がります。人気のある医学書であれば、多少状態が悪くても高額で買収できることもあります。中古で状態が悪くても、評判の良い書籍であれば一度相談してみましょう。

中古の医学書を売るときに抑えておくべきポイント2!

中古でも発行年度が新しい医学書であれば、高額で買収してもらえます。市場に出回っている数が少ない書籍は、まだ手元になく読んでみたいと思う方も多いです。買い手側も多少高くても購入を考えます。月日が経てば医学書の中身が変わることもあります。法律や制度が変わってしまうため、古い書籍よりも新しい方を好んで買うでしょう。改訂版が発行されれば、そちらに需要が高まります。売り時を逃さないように早めに売りましょう。

中古の医学書を売るときに抑えておくべきポイント3!

中古でも状態の良い書籍は買い手も喜びます。カバーがなくなってしまっている、勉強のための書き込みが多い、シミや破れがあると買収価格が低くなります。CDや別冊など書籍の付属品がないと買収してもらえなくなることもあります。記名や蔵書印がある書籍も買収価格が低くなります。買収する前に消せる書き込みは消して、埃を払うだけで買収価格が上がる場合があります。書き込みを消す時は、書籍を破ったり傷をつけたりしないよう気をつけて下さい。